ここが心配!永久脱毛って本当に大丈夫なの?

永久脱毛は痛いって本当?

ムダ毛に悩まされている人のほぼ全ては、一度は永久脱毛の施術を受けることを考えたことがあるはずです。しかし、様々な点が懸念されて二の足を踏んでいるという人が大半でしょう。永久脱毛に関する噂でよく聞くのが、「永久脱毛の施術は痛い」というものです。半永久的に発毛能力を無くすためには、何らかの処置で毛包細胞の機能を停止させることが必要になります。レーザーを照射してこれを焼き切るレーザー脱毛などが一般的ですが、やはり焼き切る際に若干の痛みを感じることはあります。しかし、実際その痛みは軽く針で刺す程度のものであり、注射などよりも余程小さいものでしかありません。

永久脱毛をすると肌が荒れるって本当?

永久脱毛に限らず、肌に一定の刺激を与える脱毛は肌荒れを生じさせやすくなります。さらにレーザー脱毛の場合は肌が日焼けしたようになり、体質が合わない人であれば皮膚が肥厚化してケロイドになってしまう人もいます。しかし、永久脱毛においてはそうした事態に陥らないよう、事前に綿密なカウンセリングが行われるのが一般的です。また、施術後の肌荒れに関しても、保湿を中心とした肌ケアを行うように心がければ治まるため、よほどずぼらな人でもない限りは心配に値しません。

永久脱毛しても毛が再生するって本当?

永久脱毛の口コミなどを見ると、「数ヶ月してまた毛が生えてきた」といったような効果を疑問視する評価が見られることがあります。確かに2~3ヶ月後に毛が生えてきて、それにより毛が再生したと勘違いする人は多くいます。しかし、実際永久脱毛の施術を行った毛包細胞から発毛することはまずありません。数ヵ月後に生えてくる毛は、永久脱毛の施術を受けた際には皮下に潜伏していたものであり、そうした毛も漸次抜いていかなければ、完全に毛が生えない肌を手にすることはできません。つまり、永久脱毛は定期的に長期間に渡って施術を受け続けなければ、完全な効果は得られないのです。

医療脱毛は、一度に処理できるムダ毛の量が多いことが特徴であり、エステや市販品のクリームなどより効果が早く現れます。