歯医者選びは何を基準にすれば良いのか!?

口コミかそれとも患者の数か?

最近駅前を初め、住宅街にも歯医者さんが乱立しています。引っ越しや勤務地が変わった時、急に歯が痛くなった時など、何も考えずに近くの歯医者に行くのか、それとも情報を頼りに選ぶのか難しいところです。風邪、調子が悪い時だと近くの病院で薬をもらって回復することが多いので、そこまで慎重にならないとは思います。でも、歯医者さんの場合は、治療が長い、治療が痛いというイメージから口コミの評判が良くても決心して受付に向かうことは勇気が要ります。判断の基準としては、近所の人の話、子供がたくさん通っている、患者がそこそこ多いなどで判断してきた記憶がありますが、結局実際の治療の質、時間、その後の状態とはなかなか比例しなかったように思います。それだけ歯医者さん選びは難しいですし、昔と比べても単に虫歯治療だけの問題ではなく、長期間の健康にもかかわることが意識づけされてきたことでもあるのでしょう。

さて、どんな歯医者さんを選ぶと良いのでしょう?

では、どういった歯医者さんが自分んとって良いのでしょうか。以前のように、小さい虫歯まですべて削って治療しようとする歯医者さんも少なくなっているようですから、事前に患者と歯医者の間で治療方針なども相談されることが基本になっているのでしょう。実際のところ、歯医者さんを選ぶところで気になるのは、治療方針を押し付けない、説明が丁寧、設備が新しい以外にもちろん歯医者さん自身の技術力も必要で、一番大切なところです。しかし、いくら腕がああっても、荒っぽいであるとか説明がなければ信頼関係は築けませんが、この問題に関しては治療が始まってからわかることなので、歯医者さん選びの後の事です。良く聞くのは待合や病院が過度に華美ではないことや、担当医師が変わらないなどを重点したほうが良いと聞いたことがあります。その他では、スタッフ全員が社交的で歯医者という苦手な場所に行くことを少しでも和らげてもらえる雰囲気、これが大事なのかなと思います。

治療法の説明は丁寧か?

治療開始の前に最近はレントゲン撮影し、歯の状況を調べてからになります。この時に治療する座席で画像を見ながら、丁寧に説明がなされるかどうかも大事です。治療開始後も、予定通りなのか、状況が変わっているのかなど随時説明してもらえることも大切です。また、歯科医の側の判断でもう痛くないであるとか、大丈夫という判断ではなく、患者側の感覚で治療方針を決めてもらえるかどうかも重要です。ただでさえ通うのが嫌いな人が多い歯医者さんですから、少しでも納得し少しでも早く治療を終わらせたいところですよね。その他では治療する歯以外の状況説明を必ずしてもらえた歯医者さん、これをしてもらえると信頼できますね。気になるところはあっても、それ以外のところは指摘してもらって初めてわかることですし、口の中で自信で目視できない場所の問題もあありますから。治療以外に、アフターメンテナンスの説明、今後の課題など全てを任せる事のできる歯医者さん、そんな先生をみつけるようにしなければなりませんね。歯は一生の健康に関係ありますから。

オールセラミックは金属を使用せずセラミックだけで歯に被せものをした治療で、金属アレルギーを予防する事が出来ます。